チョークアートカレッジ

第4回
鉛筆画ベースデザイン学科」

オンライン体験セミナー

カレッジ公式LINEに登録後
「セミナー参加希望」と①お名前②希望日時をお送りください

プロ・講師としてすでに活動している、
又はそれを目指して頑張っている、というあなたへ

こんなことで悩んでませんか?

のアイコン画像

モチーフの厚みや凹凸が上手く描けない…
人物も動物もどこか「ぺたん」として見えるし、立体感ってどうやったら出せるの???

のアイコン画像

他の人の素敵なデザインを見ると、不安や焦りでいっぱいになってしまう…
なんだかいつも「ザ・チョークアート」って感じになってしまって、自分の個性の出し方が分からない

のアイコン画像

後ろへモチーフを重ねていくと、何だか奥行の見え方がへン…
1枚のデザインの中で、それぞれのモチーフの角度をどう合わせればいいのかが分からない…

のアイコン画像

自分の画力に自信がないからオーダーもらうのが正直コワイ…
ちゃんとした商業デザインってのも実は分からないし、
自信がないからついつい価格も安く提案しちゃう…

のアイコン画像

皆さんいろんな悩みを持っているようですね。
現状を変えるために
卒業後も難しいモチーフの単発レッスンを受講したり、上達のためひたすら繰り返し描く練習をしたり…と
努力されている方も多いようですね。
努力し続ける姿勢が素晴らしいです。
ですが…

せっかく努力していても、実はそれが
とても遠回りなキケン性があるということを知っていますか?

上達を目指して練習しているのに、それがなぜ遠回りになってしまうのか?
その理由を一緒に考えてみましょう。

プロ・講師として通用する画力を手にするために、
越えなければいけない「壁」はどんなものがあると思いますか?

   
・パステルでの塗りの技術
・質感の出し方
・陰影の理解
・デザイン力
・オリジナルの個性と感性
・リアル感
・立体感の出し方
・奥行きの見せ方
・遠近法の理解
・余白の計算
・全体イメージ
・商業デザイン

…まだまだ出てくると思います。

のアイコン画像

分かってたつもりだけど、いざ書き出してみるといっぱい…
これじゃあいったいいつになったら上達できるのか…

のアイコン画像

たくさんありすぎて先が見えなくなってしまいそうですね。

なかなか上達しないと感じている方がどんな練習をしているのか実際に聞かせてもらったところ、
皆さん表面的なテクニックにばかり気をとられ、一番大事な「本質・土台」といった部分が抜け落ちた練習を長い間続けているということが分かりました。

画力を上げるために重要な2つのポイント

例えば野球で考えてみましょう。
あなたは野球チームの監督です。
野球をやったことがない人がホームランの打ち方を教えてください!と来たとします。

とりあえずバッターボックスでの立ち方、構えを教えて数回素振りの練習を教えてあげたとします。
数日練習をして、その人はホームランを打てるようになったと思いますか?

たぶん、これだけではどんなに練習してもホームランは打てませんよね。

例えあなたがそこらの草野球チームの監督ではなく、プロ野球のエキスパートで一流の監督だったとしても、、、ムリです。

見せかけのフォームの練習をいくら教えたところで、そもそもの土台となる体作り、体幹や必要な筋肉が鍛えられていなければ剛球を打ち返すなんてことは出来ませんよね。

大事なのは剛球に耐えれる体「土台」が出来ているかどうかです。
土台ができさえすれば、正しいフォームが活きてきます。
そのうえで難しい球も、早い球も打ち返せるようになるんです。

私たちのチョークアートもこれと同じです。

難しいモチーフの高度なテクニックは「描くための土台」がなければ効果を発揮することはできません。

土台が仕上がっていれば、全てのモチーフにおいて、ひとつの線、ひとつの面、わずかな陰影の差にある「理由」が分かるようになります。
この「理由」が分かれば、他のどんなモチーフにも応用して描けるようになっていきます。
そして、この「理由」を「順序立てて説明すること」が講師として必要な技術になるんです。

上達のスピードをぐんっ!と上げるには
「描くための土台」を先につくる事が大事。
「理由」が分からないまま、ただ闇雲に練習しても遠回りをしてしまうキケンがある。
この2つのポイントに気づいてもらえましたか?

のアイコン画像

そこまでは分かったけど、じゃあその「土台」を造るのに具体的に何をすればいいの?

のアイコン画像

はい、ズバリ!画力を上げる基本はやはり「デッサン」です。
「描けない壁」であげてもらった課題を解決するにはデッサンの技術がとても有効になるんですよ。

のアイコン画像

でもデッサンなんてすごく時間もかかるし…
正直、今更そんな気力ないです。。。

のアイコン画像

1からデッサンを学ぼうと思うと大変ですよね。
でも大丈夫!
1からやらなくても、チョークアートに必要な要素だけマスターすれば充分なんです。
それがどんなものなのかが今回のzoomを使ったオンラインセミナーで自宅にいながらで体験できますよ♪

オンライン体験セミナー 詳細

体験セミナーで学んでいただけるのは、
デッサンの要素から抜き出したカレッジオリジナルメソッドから、

デッサンをしなくてもあっという間に立体が正しく描ける

「見方を変えれえばカンタン!立体が正しく描けるコツ」
&おまけで
「好きな角度に変えて描くコツ」

を実際に一緒に描きながら体験していただきます。
これまで描いてきた描き方がいっきに変わりますよ(*^^*)

そしてもうひとつ。
テンプレートに沿って書き込んでいくだけで自分だけの個性を活かしたオリジナルデザインが浮かぶ

「世界観を魅せよう!オリジナルデザインの起こし方」

も一緒に体験してもらえます。
これまでデザインが浮かばなくてヒントを探して何時間もネットを彷徨う画像ジプシーになってしまってた。
なんて方にはこれも目からウロコな新しい発想法が分かります(*^^*)

そして、あなたが描けないループにハマってしまった原因とその解決策が分かる座学。


いずれもデッサンやデザインを本格的に学んでいないチョークアート経験者が、効率よく上達することを目的として作ったチョークアートカレッジオリジナルのメソッドを体験してえもらえます。

この1回の体験だけでも得られる技術、知識、気づきはとても多いので、ぜひセミナーに参加して実感してみてくださいね(^-^)

参加された方からの感想

のアイコン画像

2時間あっという間でびっくり!ホント濃い内容でノートを見返してモチーフを描いてみて「なるほど」とうなりました。
すべて論理的な説明で、うんうん、と頷くことばかりでした。

のアイコン画像

吸収率アップのための脳の話から始まって、今まで悩んできたチョークアートとは全く別の角度からのおはなしでとても興味深い内容でした。
2時間半の短い時間でここまで掘り下げた講座内容に本当に驚きです。
開催される講座内容は全て私のボロっと抜け落ちている部分です。

のアイコン画像

よどみなく説明が進み、しかも論理的にポイントを教えてくださったので2時間があっという間でした👍 
知りたかった事・悩んでいた事のすべてが先生の学科に凝縮されていて、私の心の内が見えてるの!?というくらい驚きました❗️ 
描く事を教える教室は数多あるけど、指導法を教えてもらえる教室は他に見ません。 
先生に出会えたことが本当に素敵な運命のように思えます

のアイコン画像

デッサンの体験はあの速さで描いていける自分に驚いたし、間違えて消す・書き直すという作業なく描き上げられる素晴らしさ、先生のムダのない的確な教えの賜物だと思います!

開催日

 9日(火)午前の部 AM10:00
満席になりました
月11日(木)午前の部 AM10:00
午後の部 PM18:00
6月12日(金)
午前の部 AM10:00
月13日(土)午前の部 AM10:00
午後の部 PM18:00
月14日(日)午前の部 AM10:00

※いずれもオンライン会議室zoomにて開催
 大きな画面で見れるパソコンやタブレットを推奨しますが、携帯からでも受講可能です。
※各回、定員5名
※受講時間 2時間
前後

受講料


  9,800円(税込み価格)

 5月 31日(火)
 までにお申し込みいただいた方は早期特典の割引価格で受講できます
 
 早期割引価格
  ↓↓↓
  3,000円
(税込み)

お申込み・参加手順

STEP
『公式LINE友達追加ボタン』からお友達登録していただき、
「勉強会参加希望」のコメントと共に、以下2つの項目をお知らせください。

1、お名前(実名)
2、参加希望日時
※コメントは他の方からは見えないので安心してください。

STEP
お振込みのご案内

参加希望をいただきましたらお振込のご案内を返信します。

STEP
予約確定後zoom入室アドレスをお知らせします。

お振込みの確認が取れ次第、予約確定となります。
開催の前日にzoomのルームアドレスをお知らせ致します。

STEP
当日、お知らせしたzoomアドレスからご参加ください

当日は開始30分前からスタンバイしております。
zoomが始めてで不安のある方は早めに入室してください。

カレッジ公式LINEに登録後
「セミナー参加希望」と①お名前②希望日時をお送りください
👇


セミナーで体験していただけるワークは
カレッジ独自の鉛筆メソッドから


「デッサンをしなくても立体が正しく描けるコツ
をメインワークに
おまけワークの「自在に角度を変えて描くコツ」

テンプレートに沿って書き出していくだけで
自分だけの個性を活かした
オリジナルデザインが描ける


「世界観を魅せる!デザインの起こし方」

&座学、が体験できますますよ。

参加者さまからの講師の印象

のアイコン画像

まず何より、絵が得意ではない、描けない悩みを抱える人の気持ちを理解してくださっていることが、私には大きな安心感でした。
そして、常に生徒のために出し惜しみせず、全力で100%以上の授業とアドバイス、フォローしてくださることに、いつも感謝です。

のアイコン画像

講座内では、先生の経験論が随所に散りばめられていたのが、とても参考になりました。
ありきたりの一般論やキレイ事は一切言わないことも、信頼できる証です。

のアイコン画像

受講生の立場や実力を理解して、ポジティブに確実にステップアップさせてくれる、抜群のリーダーシップの持ち主。
画面を通しての講座なので、聞き手にしてみると、講師の視線や姿勢、口調、話すテンポは気になるところですが、完璧です!
先生の熱い思いが伝わり、引き寄せられ、やる気が持続します。

カレッジ公式LINEに登録後
「セミナー参加希望」と①お名前②希望日時をお送りください
👇

もしもこの日程では都合が合わず参加できない。でもカレッジの講座には興味がある。
という方は個別でのご案内をzoomでさせていただきます。
個別では学科案内のみとなりますが、自分の課題の解決になるかかどうか、自分に合うか合わないか、などのご相談ができます。

個別案内をご希望の方も、LINEよりその旨お知らせください。

講師プロフィール

講師プロフィール

チョークアートカレッジ代表
チョークアートスキルアップコーチ
早川 ゆかり
三重県四日市市在住
数日後に50の誕生日を迎えてしまう予定(^▽^;)

13年前、チョークアートを知り即受講。
美大はおろか美術部すら経験なし、デッサンの「デ」の字も知らないまま、
名古屋と東京、ふたつの教室を経て念願の講師に。

資格取得後、看護師からチョークアート講師に転職し、教室を開講するも画力のなさから何度も挫折を繰り返す。

自分がいったい何をしたいのか、何のためにやっているのか、自分軸が見つけられないまま教室を続けていました。

描けない人が描けるようになるためには一体何が必要なのか、を求めて2つのデッサン教室に2年、
プロ、講師として活動していくためには一体何が必要なのか、を求めて3年本格的なビジネスを学び、
画力を上げるために本当に必要な知識と技術が詰まった「鉛筆画メソッド」を開発する。

2019年1月
本気で上達を目指すチョークアートのプロ・講師が自分らしく活動しながら仕事に繋げるために「描く技術」と「マーケティングの知識」が学べるオンラインの学校「チョークアートカレッジ」を立ち上げる。

大切にしていることは「共に気づき、共に成長し続ける」という想い。
胸を張って「ひとを幸せにする仕事をしています」と言えるプロ・講師を育て、「描けなくて悩む人を造らない、増やさない」という想いをチョークアート界に伝染させるために活動しています(*^^*)

現在カレッジでは
「鉛筆画ベースデザイン学科」の3期生と「自分ビジネス構築学科」の1期生が受講中。
「テクニカルペイント学科」開講予定。
カレッジ受講生&卒業生のコミュニティ「SprArt Link~アートが芽生える繋がり~」にて
感性を磨く「閃きDo-Jo(道場)」、ざっくばらんに本音で語り合える「チョークアート座談会」や質問しながら作業効率を上げる「zoom黙々作業会」などを定期的に開催してます(*^^*)

プロとなり、講師となり、お客さんに選んでもらおうと思ったら、選ばれるだけのものを身に付けておかないといけません。

それはきっと「楽しい」だけでは得られないもので、必死に努力しても報われないこともいっぱいあって…

それでも、たったひとりでも同じ方向を目指し、自分を信じてついてきてくれる生徒さんに巡り合えることができたら
辛いことも平気になってしまうほど楽しく、やりがいのある仕事として胸を張って言えるようになります。

自分のためではなく、これから巡り合うお客さん、生徒さんのために自分の「技」を磨いていきましょう。

体験セミナーでお会いできるのを楽しみにしています。(*^^*)

カレッジ公式LINEに登録後
「セミナー参加希望」と①お名前②希望日時をお送りください
👇

チョークアートカレッジロゴマーク